氏名
松村 正利 (MATSUMURA Masatochi)

TEL
0298-53-6624

FAX
0298-53-6624

E-mail
aquacel@sakura.cc.tsukuba.ac.jp

研究テーマ
水環境保全に関連する生物反応プロセスの設計・制御および動物細胞利用プロ セスの開発

研究概要
 排水規制の強化にも関わらず、湖沼、内湾などの閉鎖性水域における富栄養 化、地下水の硝酸濃度の上昇など窒素汚染に関する問題が近年顕在化している。 この主な原因となっている小規模工場排水、家庭排水に対しては、多孔性担体 を用いた固定化微生物による高速度窒素除去プロセスの開発を、また栄養塩の 溶出を起こす湖沼の底泥の直接浄化には新規の酸素供給装置および土着微生物 を利用した微生物製剤、さらに超音波・オゾンと寄生微生物を利用したアオコ 殺藻システムの開発を行っている。
 動物細胞利用プロセスの分野では、生理活性物質の生産に及ぼすせん断応力、 細胞凝集などの物理的因子の影響と機構を明らかにし、この知見に基づいた新 たな生産プロセスの開発を行っている。また、遺伝子操作によって機能強化し た細胞を用いて生体内に蓄積する免疫複合体の除去を目指した細胞療法に関す る研究も遂行中である。

最近の研究
  1. M. Matsumura, T. Yamamoto, P.C. Wang, K. Shinabe and K.Yasuda "Rapid Nitrification with Immobilized Cell Using Macro-porous Cellulose Carrier", Water Research, 31, 1027~1034 (1997).
  2. M.A.Catalan-Sakairi, P.C.Wang and M.Matsumura," High-Rate Seawater Denitrification Using a Macro-porous Cellulose Carrier", J. Ferment. Bioeng., 83, 102~108 (1997).
  3. N.Nomura, P.C.Wang, K.Saijyo, Y.Ohno and M.Matsumura, "Production of Human Growth Hormone by Protein-free Cultivation of Anchorage-dependent Cells with Porous Cellulose Carrier", J. Ferment. Bioeng., 82, 469~474 (1996).
  4. P.C.Wang, T.Kimura, Y.Gao, K.Todokoro, T.Okigaki and M. Matsumura, " Stable Expression of Human Complement Receptor CR1 on Rat Renal Glomerular Epithelial Cell SCE1", J. of Cellular Bioengineering, 1, 179~182 (1996).