筑波大学畜産学分野の概要

哺乳類および鳥類における繁殖・栄養・生産物に関する幅広い研究を行っている。


研究 Research

1. 生殖系列キメラ作製技術を基盤とした鳥類における発生工学の展開(田島)
特に、始原生殖細胞(PGCs)を利用した体細胞核移植技術遺伝資源保存に関する先端的な研究を行っています。
この研究の詳細は、ホームページをご覧下さい。
My research is primarily focused on the conservation of genetic resources in avian species by producing germline chimeras through collecting, storing and transferring primordial germ cells (PGCs). Biochemical and molecular biological approaches will also be used to analyze the factors controlling the embryonic development and to modify germlines in domestic chicken.
key: 鳥類、始原生殖細胞(PGC)、精子、卵子

2. 環境修復型畜産(石川)
地球環境の変動に伴い、砂漠地帯や酸性土壌、アルカリ土壌の地域が増加しており、家畜生産に大きな影響が出ている。 そこで、内モンゴル、エジプトをフィールドに、環境修復型畜産の構築を目指している。
key: 地球環境修復型畜産、内モンゴル、エジプト

3. 繁殖生物学(浅野)
家畜の生殖機能に関与する細胞分子基盤の解明とその応用
遺伝子や分子の働きから生殖や初期発生に関与している生体機構を解明し、動物遺伝資源の保存や増殖技術への応用を目指す。
key: 受精、配偶子形成、発生生物学、幹細胞工学
The goals of this project are to understand
1) molecular and cellular mechanisms involved in gametogenesis, fertilization, and early embryonic development
2) mechanisms regulating fate of reproductive stem cells in domestic animals.
We are also interested in application of the knowledge to invention or improvement of technologies to promote livestock production and preservation of animal genetic resources.

4. アニマル・ウェルフェア に配慮した日本型家畜管理システムの構築
現在、アニマル・ウェルフェア(AW)に配慮した家畜管理システムの基準つくりが進められている。しかし、 AWは元々ヨーロッパで提唱された概念であることから、日本の現状に合わせた基準の作成が必要です。そこで、 乳牛における搾乳時と分娩の行動に焦点をあて、ネットワークカメラや、近年目覚しく発達した小型センサーを利用することにより、 家畜にとってより自然でやさしい管理体系の確立を目指しています。
key: アニマル・ウェルフェア、乳牛、搾乳、分娩

5. ブタ卵子の体外培養、体外受精 (畜産草地研究所と連携)
豚における体外受精・対外培養は極めて困難である。 そこで、様々な技術を駆使して、豚における体外培養系の確立を目指しています。
key: ブタ、卵子、精子、体外受精、体外培養

6. 家畜栄養学(畜産草地研究所と連携)
反芻動物の第一胃(ルーメン)の中には、無数のルーメン内微生物が生息し、植物成分の消化活動を行っているが、 同定されている微生物の種類は少ない。そこで、新しいルーメン内微生物培養法を開発し、新しい微生物の検索を行っています。
key: 反芻動物、ルーメン内微生物、探索

7. 畜産物利用学(畜産草地研究所と連携)
ミルク、タマゴおよび肉の利用に関する生理学・生化学・形態学的な研究を行っています。
key: ミルク、たまご、肉

8. 動物の疾病管理(動物衛生研究所との連携)
近年、口蹄疫やトリインフルエンザ等、家畜の伝染病が大きな社会問題になっています。
key: 動物、疾病、衛生管理

この他にも、多くの研究所が集積するつくばの地の利を生かし、研究所との共同研究プロジェクトが可能です。

SIDE MENU