筑波大学

私たちと菌類 Introduction

当研究室では植物と密接に関わって生きる菌類の多様性、分類、生態、生理について研究しています。研究対象となるのは、さび病菌、青変病菌、天狗巣病菌などの植物病原菌、外生菌根菌、アーバスキュラー菌根菌、ラン菌根菌、内生菌などの共生菌からリターや材の分解菌などさまざまな菌類です。
 これらの菌類の基礎生物学的な特性をフィールドワークから分子生物学的解析に及ぶ様々な手法により解明することは、将来的には植物病原菌類の総合防除や環境保全にも役立つものと期待しています。これらの研究を行うにあたっては植物はもちろんのこと、昆虫などの他の生物分野とのコラボも重要と考えています。昆虫に次いで多くの種が存在すると考えられている菌類を通して生物間の相互関係を理解することは生態系を理解する上でも非常に重要なことです。
Together we study biodiversity, taxonomy, ecology and physiology of fungi closely relating with plants. Fungi studied are plant pathogenic fungi: rust fungi, blue-staining fungi, witches’broom fungi; symbiotic fungi: ectomycorrhizal fungi, Arbuscular mycorrhizal fungi, mycorrhizal fungi of orchids, endophytic fungi; saprobic fungi: litter fungi, wood decomposing fungi and so on. Studies on biological features of these fungi based on fieldworks, general mycological methods and molecular techniques will contribute to the applied field such as plant disease control and environment conservation. In the implementation of these studies, collaborations with not only plant field, but also insects and other organisms fields are very important. Elucidation of the biological relationships between fungi that follow to insects in the estimated species number and other lives is significantly important to understand ecology.

生物学的特性解明の重要性
Importance of Biological Characterization

菌類の生物学的特性
Biological Characteristics of Fungi

形態・系統・進化・分類・生理・生態
Morphology, Phylogeny, Evolution, Taxonomy, Physiology, Ecology

基礎情報の提供 Basic Information

有効な利用・防除方法の開発
Development of Utilization and Control