専攻紹介Introduction

専攻長からのメッセージ−

大学院進学をめざすみなさんへ
筑波大学大学院博士課程生命環境科学研究科は、旧農学研究科、生物科学研究科、地球科学研究科の再編により2001年4月から8専攻体制で発足しました。2005年度からは前後期区分制を採用し、農学関係の博士前期課程は生物資源科学専攻としてまとまり、学生定員も増加しました。このような中で生物機能科学専攻は博士後期課程として、生物の持つ多彩な機能の解明とその開発・利用に関する先導的な教育・研究を行っています。また、つくばの独立行政法人研究機関の協力の下、研究者を本学の教授・准教授として迎えた連携大学院方式による教育も行っています。2002年度には本専攻が中心になって申請した21世紀COEプログラム「複合生物系応答機構の解析と農学的高度利用」が採用され、教員、学生が一体となって活発な研究活動を展開してきました。  本専攻への皆様の参画を心より期待しています。なお、個々の研究室に関する詳細については直接担当教官に連絡をお取り下さい。


アドミッション・ポリシー

【生物機能科学専攻】(博士後期課程)

人材養成の目的「養成する人材像の明確化」
生物の有する機能の解明とそれらの開発・利用に関する分野において、基礎から応用までを見渡せる広い識見と学際性を有し、独創的な研究で国際的に活躍できる研究者およびこの領域に寄与できる高度専門職業人の養成を目的とする。
教育目標「目的を達成するための目標の設定」
本専攻は、細胞および生体における統御された生命現象を分子レベルで解明し、その機能の利用技術開発を通して生命の生存基盤の安定化に貢献することを目的としている。そのため、生体分子の構造と機能、環境情報の分子認識と応答、生物による分子変換と有用物質生産、生物によるエネルギー変換、細胞における新機能の開発・利用、環境適合材料開発、生物的・工学的環境改善修復技術といった研究分野を構成し、先導的研究・教育を展開する。
求める学生像
本専攻は、動物、植物、微生物における種々の生命現象に興味と理解力があり、先端的な生命科学の知識を医療分野、農学分野、食品分野、材料開発分野、環境問題の解決等に応用することに関心のある意欲的な学生を求める。
入学者選抜方針等
本専攻は、一般学生枠の他に留学生および社会人枠を有しており、修士課程相当を修了直後の日本人学生だけでなく、研究分野および学位取得に興味のある社会人や留学生を広く受け入れる体制をとっている。

専攻の領域

筑波大学大学院
生命環境科学研究科 生物機能科学専攻

〒305-8572
茨城県つくば市天王台1-1-1

TEL 029-853-7226