応用動物昆虫学

概要

 昆虫は、地球上のあらゆる場所に生息する極めて高い種多様性をもつ生物群である。 その昆虫が進化の過程で獲得してきた特異的な生理・生態機能、そして自然生態系の中で同種・ 異種生物と密接な相互関係を構築し維持するために利用している生態情報システムを解明することは、 持続的かつ環境低負荷型の生物資源生産をめざした総合的害虫管理のための新たな技術開発につながる。応用動物昆虫学研究室では、化学生態学、 行動生態学および分子生物学的アプローチにより昆虫を理解し利用することを目的に研究を行っている。

  1. 寄生性天敵昆虫と寄主昆虫および植物の3者間相互作用系の解析
  2. 昆虫の自然免疫反応とその分子機能解析

【研究室のHP: http://oudoukon-tsukuba.jimdo.com/

スタッフ

戒能洋一(教授)、古川誠一(准教授)、木下奈都子(助教)

ページ先頭へ戻る