ニュース

ベトナムにおいて出前出張プログラム「Methods in Molecular Biology」を実施しました

(2015.10.02)

 去る9月21~25日、生物圏資源科学専攻で昨年から準備を進めて来た「出前実習プログラム‘Methods in Molecular Biology’」がハノイのベトナム国家農業大学にて実施された。筑波大学からは、戒能教授、テイラー教授、古川准教授、石賀助教、矢野助教、実験補助員として生命環境科学研究科大学院生石黒君、重松君が参加した。分子生物学手法の実習を行いながら、同時進行でテイラー教授による「技術英語の書き方」「PPTプレゼンの方法」、戒能教授による「化学生態学入門」などの講義も行われた。

写真1:初日(9/21)に、筑波大学一行(戒能、テイラー、古川、矢野、石賀、石黒、重松)とベトナム国家農業大学国際担当Nguyen Thi Lan副学長、国際交流事務所Nguyen Thi Bich Thuy所長、生物工学部Nguyen Duc Bach学部長代理らと共に記念撮影。

写真2:実習の一コマ。石賀先生の熱い説明に聞き入る実習生。


写真3:平行して行われた、大入り満員のテイラー先生の講義「Technical English Writing」

写真4:修了証書を授与した後、36名の実習生と記念撮影。


[ 記事一覧ページはこちら ]