専攻の概要

生物資源生産学領域

人類の生存に不可欠な生物資源の生理・生態・遺伝機能の解明とその持続的な利用、環境保全的な農地の造成と整備、効率的な生物機械の開発などに関わる教育と研究指導を行っています。生物資源生産学領域には、植物育種学、作物生産学、蔬菜・花卉学、果樹生産利用学、動物資源生産学、生物生産システム学、国際生物資源開発学(連携)、植物環境応答学(連携)などの分野があり、人類の生存に必要不可欠な生物資源の生理・生態・遺伝的機能の解明とその持続的な利用、環 境保全的な農地の造成と整備、効率的な生物機械の開発などに関わる教育と研究を行っています。

生物圏環境学領域

水・土・緑を構成要素とする生物環境の総合的な解析、生物圏環境の持続的な制御・管理手法の開発などに関わる教育と研究指導を行っています。生物圏環境学領域には、植物寄生菌学、応用動物昆虫学、土壌環境化学、植物環境生化学、森林生態環境学、 地域資源保全学、生産昆虫機能利用学、森林多様性解析学(連携)などの分野があり、水・土・緑を構成要素とする生物圏環境の総合的な解析、生物圏環境の持続的な制御・管理手法の開発などに関わる教育と研究を行っています。

ページ先頭へ戻る