代謝ネットワーク科学

概要

 生物の中でも植物は自分自身が動くことができないため、環境の変化に柔軟に対応することで自らの生存および次世代への生存戦略を展開します。 この戦略を担うのが、植物体内でおこる代謝ネットワークの変化です。本研究室では、全生物共通の因子である有機化合物、すなわち「代謝物」に着目します。 環境変化や育種、遺伝子変異等、ある要因をきっかけにして起こる代謝ネットワークの変化をオミックス解析により解明します。 また、より包括的に代謝ネットワークを理解するための代謝物解析技術の確立も行います。

代謝ネットワーク科学(PDF 566kb)

  1. 実用作物における重要農業形質の遺伝解析
  2. 代謝物の量的・質的変化を捉えるための測定法の開発
  3. オミックスデータを用いた代謝ネットワーク解析

【研究室のHP: https://sites.google.com/site/metabolgenom/

スタッフ

草野 都(教授)、王 寧(助教)、ヨナタン アスキン(助教)

ページ先頭へ戻る