生物生産システム学

概要

衛生・媒介動物制御学

一部の節足動物が人や家畜に様々な感染症・刺咬症を引き起こすことからより効果的な対抗策を見出すため、ダニやクモを用いて 成長、繁殖や免疫機構におけるホルモン制御の研究を進めている。

  1. 衛生・媒介動物の種類と管理(PDF 213kb)

生物生産システム学

環境との相互作用を重視した安定性や持続性を念頭に置いて、グローバルで 多次元の最適化問題として生物生産システムを捉える研究を行っている。そこでは、フィールドにおける最適化やモデル化の 研究とともに、評価システムの開発を目指している。

  1. 地球環境と作物生産の解析(PDF 168kb)
  2. 持続的作物生産システムの構築(PDF 180kb)
  3. 環境変化の中での作物生産の評価(PDF 124kb)

【研究室のHP:

スタッフ

衛生・媒介動物制御学

テイラー・デマー(教授)

生物生産システム学

林 久喜(教授)、加藤盛夫(助教)

ページ先頭へ戻る