Header image  
富田-横谷 香織 研究室  
 
 

受賞・業績(近年) 2017年3月21日現在

受賞等

  1. 2016年10月:『11th Asian Microgravity Symposium-2016 Outstanding Poster Award』Growth of a Terrestrial Cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01, under Poor Nutritional Conditions Such as Those Found on Mars. Kotomi Inoue.
  2. 2016年9月:『第62回日本宇宙航空環境医学会大会・日本宇宙生物科学会第30回大会合同大会 大会アワード』火星環境を想定した陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01の生育と物質循環. 井上琴美
  3. 2016年9月:『日本宇宙生物科学会奨励賞』木村駿太.
  4. 2016年8月:『公益信託エスペック地球環境研究・技術基金(エスペック環境研究奨励賞)』野生ラン保護を目的としたラン科植物の生長と共生菌量の動態分析. 加藤木ひとみ.
  5. 2016年6月:『生態工学会年次大会 講演論文賞』火星環境を想定した貧栄養培地における陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の生育. 井上琴美, 木村駿太, 新井真由美, 加藤浩, 佐藤誠吾, 富田-横谷香織.
  6. 2016年3月:『生物資源学類 応用生命化学コース 卒業研究賞』加藤木ひとみ.
  7. 2016年3月:『筑波大学 生命環境科学研究科長賞』木村駿太.
  8. 2015年9月:『日本宇宙生物科学会第29回大会 優秀発表賞』陸棲藍藻Nostoc sp.HK-01の休眠細胞の機能性物質, 木村駿太.
  9. 2014年6月:『生態工学会年次大会 講演論文賞』陸棲ラン藻Nostoc sp. HK-01 における耐性機能の高い細胞形態. 木村駿太, 加藤浩, 馬場啓一, 佐藤誠吾, 富田-横谷香織.
  10. 2013年9月:『日本宇宙生物科学会第27回大会 優秀発表賞』陸棲ラン藻 Nostoc sp. HK-01の乾燥過程における細胞形態と高温耐性. 木村駿太.
  11. 2013年6月:『生態工学会年次大会 講演論文賞』陸棲ラン藻 Nostoc sp. HK-01 の高温耐性に関与する多糖類の機能. 木村駿太, 加藤浩, 馬場啓一, 佐藤誠吾, 富田-横谷香織.
  12. 2011年6月:『生態工学会 論文賞』「ミニ地球」研究の展望とLCMモデルを用いた火星における人工閉鎖環境の気象学的研究. 新井真由美.
  13. 2009年10月:『日本宇宙生物科学会第23回大会 奨励賞』Cyanobacteria for Space Agriculture on Mars. 新井真由美.
  14. 2009年6月:『生態工学会年次大会 講演優秀発表賞』火星を想定した宇宙農業におけるラン藻の活用. 新井真由美.
  15. 2008年9月:『日本宇宙生物科学会第22回大会 優秀発表賞』火星環境を想定した藍藻の真空耐性. 新井真由美
  16. 2007年9月:『日本宇宙生物科学会第21回大会 優秀発表賞』藍藻Nostoc sp. HK-01の火星環境導入による宇宙農業の可能性. 新井真由美.

公表論文等
(査読有り)

  1. Kimura, S., Tomita-Yokotani, K., Katoh, H., Sato, S. and Ohmori, M. Complete life cycle and heat tolerance of dry colonies of a terrestrial cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01. Biological Sciences in Space, accepted.
  2. Kimura, S., Tomita-Yokotani, K., Inoue, K., Sato, S., Arai, M. and Katoh, H. Space environmental tolerance of a terrestrial cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01. Proceedings of the 46th International Conference on Environmental Systems, ICES-2016-353, 2016.
  3. Tomita-Yokotani, K., Kimura, S., Sato, S., Katoh. H. and Arai M. Evaluation of selected materials, as food for space environment. Proceedings of the 46th International Conference on Environmental Systems, ICES-2016-354, 2016.
  4. Katoh. H., Yokoshima, M., Kimura, S., Furukawa, J. and Tomita-Yokotani, K., Utilization of the terrestrial cyanobacteria –Practical development of the cyanobacteria sheet. Proceedings of the 46th International Conference on Environmental Systems, ICES-2016-383, 2016.
  5. 木村靖子, 木村駿太, 佐藤誠吾, 富田-横谷香織. 陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の食品としての機能と宇宙食素材としての利用の可能性. Eco-Engineering, 28, 43-51, 2016.
  6. Kimura, Y., Kimura, S., Sato, S., Katoh, K., Abe, T., Arai, M., and Tomita-Yokotani, K., Evaluation of a cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01, as food material for space agriculture on Mars. Biological Sciences in Space, 29, 24-31, 2015.
  7. Kimura, S., Tomita-Yokotani, K., Igarashi, Y., Sato, S., Katoh, H., Abe, T., Sonoike, K. and Ohmori, M., The heat tolerance of dry colonies of a terrestiral cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01. Biological Sciences in Space, 29, 12-18, 2015.
  8. Niveditha, V. R., Sridhar, K. R. and Tomita-Yokotani, K. Improvement of bioactive potential of Canavalia beans of coastal sand dunes by solid-substrate fermentation using Rhizopus oligosporus. Current Nutrition and Food Science, 10, 308-313, 2014.
  9. Katoh. H., Yokoshima, M., Kimura, S., Furukawa, J., Tomita-Yokotani, K., Yamaguchi, Y., and Takenaka, H. Utilization of the terrestrial cyanobacteria. Proceedings of the 44th International Conference on Environmental Systems, ICES-2014-255, 650-655, 2014.
  10. Kimura, S., Arai, M., Katoh, H., Ajioka, R., Baba, K., Sato, S., and Tomita-Yokotani, K. Utilization of a terrestrial cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01, under the space environment. Proceedings of the 44th International Conference on Environmental Systems, ICES-2014-127, 721-726, 2014.
  11. Tomita-Yokotani, K., Chida, Y., Motohashi, K., Sato, S., Baba, K., Katoh. H., Suzuki, T., Katayama, T., Fujii, Y., and Tree working group (Cosmo Bon), Importance of election of species for utilization of tree in the space environment. Proceedings of the 44th International Conference on Environmental Systems, ICES-2014-126, 727-732, 2014.
  12. Iimura, K. Tomita-Yokotani, K., Suzuki, T. and Sato, S., Isolation and identification of flavonoids in two Viola species, Violaeizanensis and Viola chaerophylloides f. sieboldiana, for the purpose of their definite classification. Eco-Engineering, 24, 105-110, 2012.
  13. Katoh, H., Furukawa, J., Tomita-Yokotani, K. and Nishi, Y. Isolation and purification of an axenic diazotrophic drought-tolerant cyanobacterium, Nostoc commune, from natural cyanobacterial crusts and its utilization for field research on soils polluted with radioisotopes. Biochimica et Biophysica Acta (BBA)-Bioenergetics, 1817, 1499-1505, 2012.
  14. Motohashi, K., Tomita-Yokotani, K., Sato, S., Baba, K., Suzuki, T., Sakurai, N., Hashimoto, H., Yamashita, M. and Tree RT. The differences between uplight and weeping type of Prunus sp on the acoustic vibration analysis. Biological Sciences in Space, 25, 93-97, 2012.
  15. Suzuki, T., Kiyotani, T., Maeda, M., Katayama, T., Tomita-Yokotani, K., Syafii, W. and Muladi, S. Furanoditerpenes from Arcangelisia flava (L.) Merr. and their antifungal activity. Phytochemistry Letters, 4, 333-336, 2011.
  16. Matsuo, K., Ohtsuki, K., Yoshikawa, T., Shishido, K., Yokotani-Tomita, K., and Shindo, M. Total synthesis of xanthanolides. Tetrahedron, 66, 8407-8419, 2011.
. (査読無し)
  1. 木村駿太, 富田-横谷香織. 陸棲藍藻が有人宇宙活動導入生物として活躍する可能性. 生物工学会誌, 94, 205, 2016.
  2. 横島美香. 地球環境問題に対するつくば市とエジンバラ市の意識と環境保全活動について; 短期海外渡航経験援助の付加として. Eco-Engineering, 27, 15-17, 2015.

学会発表等 (は登壇者)
国際学会 口頭発表

  1. Kimura, S., Inoue, K., Katoh, H. Sato, S., Ichikawa, S. and Tomita-Yokotani, K., Dry Heat Tolerance of a Terrestrial Cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01. 11th Asian Microgravity Symposium, 28SLi-4. Hokkaido, Japan (October 2016)
  2. Katoh, H., Yokoshima, M., Kimura, S., Furukawa, J., Tomita-Yokotani, K., Yamaguchi, Y., Takenaka, H. and Kohno, N., Environmental Remediation and Possibility of Space Utilization using Terrestrial Cyanobacterial Sheet. 11th Asian Microgravity Symposium, 28SLi-5. Hokkaido, Japan (October 2016)
  3. Tomita-Yokotani, K., Asano, M., Iimura, K., Hiraishi, K., Kimura, S. and Kimura, Y., Changes of Productive Abilities of Nutritional Substances, Mainly Polyphenol, under the Pseudo-Microgravity. 11th Asian Microgravity Symposium, 28SA-2. Hokkaido, Japan (October 2016)
  4. Tomita-Yokotani, K., Kimura, S., Sato, S., Katoh. H. and Arai M., Evaluation of selected materials, as food for space environment. 46th International Conference on Environmental Systems, ICES-2016-354. Vienna, Austria (July 2016)
  5. Kimura, S., Tomita-Yokotani, K., Inoue, K., Sato, S., Arai, M. and Katoh, H., Space environmental tolerance of a terrestrial cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01. 46th International Conference on Environmental Systems, ICES-2016-353. Vienna, Austria (July 2016)
  6. Katoh. H., Yokoshima, M., Kimura, S., Furukawa, J. and Tomita-Yokotani, K., Utilization of the terrestrial cyanobacteria –Practical development of the cyanobacteria sheet. 46th International Conference on Environmental Systems, ICES-2016-383. Vienna, Austria (July 2016)
  7. Tomita-Yokotani, K., Abe, Y., Kimura, S., Katoh. H., Baba, K., Suzuki, T., Katayama, T., Utilization of trees and microbes in closed bio-ecosystems in Mars. The Joint Conference of 6th International Symposium on Physical Sciences in Space and 10th International Conference on Two-Phase Systems for Space and Ground Applications, 17Be-10. Kyoto, Japan (Sept. 2015)
  8. Katoh. H., Yokoshima, M., Kimura, S., Furukawa, J. and Tomita-Yokotani, K., Utilization of the terrestrial cyanobacteria. The Joint Conference of 6th International Symposium on Physical Sciences in Space and 10th International Conference on Two-Phase Systems for Space and Ground Applications, 17Be-9. Kyoto, Japan (Sept. 2015)
  9. Tomita-Yokotani, K., Abe, Y., Kimura, S., Sato, S., Baba, K., Katoh. H., Suzuki, T. and Katayama, T., The contribution of woody plant materials on the several conditions in a space environment. 40th COSPAR (Committee on Space Research) scientific assembly, F4.4-0018-14. Moscow, Russia (Aug. 2014)
  10. Tomita-Yokotani, K., Kimura, Y., Kimura, S., Abe, Y., Ajioka, R., Sato, S., Katoh. H. and Yamashita, M., Evaluation of functional substances in the selected food materials for space agriculture. 40th COSPAR (Committee on Space Research) scientific assembly, F4.1-0005-14. Moscow, Russia (Aug. 2014)
  11. Kimura, S., Tomita-Yokotani, K., Katoh. H., Yamashita, M. and Sato, S., Dry heat tolerance of the dry colony in Nostoc sp. HK-01 for useful usage in space agriculture. 40th COSPAR (Committee on Space Research) scientific assembly, F4.1-0003-14. Moscow, Russia (Aug. 2014)
  12. Katoh. H., Yokoshima, M., Kimura, S., Furukawa, J., Tomita-Yokotani, K., Yamaguchi, Y. and Takenaka, H., Utlization of the terrestrial cyanobacteria. 40th COSPAR (Committee on Space Research) scientific assembly, F4.1-0004-14. Moscow, Russia (Aug. 2014)
  13. Tomita-Yokotani, K., Chida, Y., Motohashi, K., Sato, S., Baba, K., Katoh. H., Suzuki, T., Katayama, T., Fujii, Y. and Tree working group (Cosmo Bon), Importance of election of species for utilization of tree in the space environment. 44th International Conference on Environmental Systems, ICES-2014-126. Arizona, USA (July 2014)
  14. Kimura, S., Arai, M., Katoh, H., Ajioka, R., Baba, K., Sato, S. and Tomita-Yokotani, K., Utilization of a terrestrial cyanobacterium, Nostoc sp.HK-01, under the space environment. 44th International Conference on Environmental Systems, ICES-2014-127. Arizona, USA (July 2014)
  15. Katoh. H., Yokoshima, M., Kimura, S., Furukawa, J., Tomita-Yokotani, K., Yamaguchi, Y. and Takenaka, H., Utlization of the terrestrial cyanobacteria. 44th International Conference on Environmental Systems, ICES-2014-255. Arizona, USA (July 2014)
国際学会 ポスター発表
  1. Inoue, K., Kimura, S., Arai, M., Katoh, H., Sato, S., Tomita-Yokotani, K. Growth of a Terrestrial Cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01, under Poor Nutritional Conditions Such as Those Found on Mars, 11th Asian Microgravity Symposium, 26SP-A-16, Hokkaido, Japan(October 2016)
  2. Inoue, K., Kimura, S., Ajioka, R., Fujishiro, H., Katoh, H., Arai, M., Tomita-Yokotani, K., Sato, S. and Tanpopo WG., Tolerance of heavy ions in a terrestrial cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01, Japan Geoscience Union Meeting 2015, BAO01-P04, Makuhari, Japan(May 2015)
  3. Tomita-Yokotani, K., Kimura, S., Kimura, Y., Igarashi, Y., Ajioka, R., Sato, S., Katoh, H., and Baba, K., Dried colony in cyanobacterium, Nostoc sp. HK-01 – Several high space environment tolerances for “Tanpopo” mission, The International Astrobiology Workshop 2013, Poster session #1033, Kanagawa, Japan (Jan. 2013).
国内学会 口頭発表(2015年度以降)
  1. 木村駿太、富田-横谷香織、井上琴美、味岡令子、加藤浩、佐藤誠吾、「陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の有人宇宙活動における有用性」、『第60回宇宙科学技術連合講演会』、3D10、北海道(2016年9月)
  2. 加藤浩、木村駿太、古川純、富田-横谷香織、山口裕司、竹中裕行、河野伸之、「陸棲ラン藻シートを用いた環境修復と宇宙利用の可能性」、『第60回宇宙科学技術連合講演会』、3D11、北海道(2016年9月)
  3. 富田-横谷香織、木村靖子、木村駿太、阿部友亮、加藤浩、佐藤誠吾、「宇宙居住環境における食品候補生物として選ばれた樹木の利用と評価」、『第60回宇宙科学技術連合講演会』、3D14、北海道(2016年9月)
  4. 富田-横谷香織、木村駿太、阿部友亮、加藤浩、木村靖子、「圏外環境で食糧利用が期待される生物種とその食品機能評価」、『2016生態工学会年次大会』、08、宮崎(2016年6月)
  5. 加藤浩、横島美香、木村駿太、古川純、富田-横谷香織、山口裕司、竹中裕行、河野伸之、「陸棲ラン藻シートを用いた環境修復と宇宙利用の可能性」、『2016生態工学会年次大会』、04、宮崎(2016年6月)
  6. 阿部友亮、加藤珠理、松本麻子、富田-横谷香織、「サクラ属樹木の分子分類と形態観察による品種の識別とアレロパシー活性」、『第11回 日本櫻学会研究発表会』、発表番号02、東京(2016年6月)
  7. 木村駿太、井上琴美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の乾熱耐性」、『日本地球惑星科連合2016年大会』、M-IS33、幕張、千葉(2016年5月)
  8. 木村駿太、富田-横谷香織、生態工学会若手の会、「生物種の選抜と閉鎖生態系モデルの作成」、『日本地球惑星科連合2016年大会』、HCG28-04、幕張、千葉(2016年5月)
  9. 加藤浩、木村駿太、古川純、富田-横谷香織、山口裕司、竹中裕行、河野伸之、「シート化による陸棲ラン藻の有効利用」、『日本地球惑星科連合2016年大会』、HCG28-03、幕張、千葉(2016年5月)
  10. 井上琴美、木村駿太、富田-横谷香織、佐藤誠吾、加藤浩、吉田聡、横堀伸一、山岸明彦、たんぽぽWG、「陸棲藍藻Nostoc sp. HK-01の重粒子線耐性」、『日本微生物生態学会第30回大会』、OF-14、茨城(2015年10月)
  11. 木村駿太、木村靖子、井上琴美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の閉鎖生態系における有用性」、『第59回宇宙科学技術連合講演会』、2E07、鹿児島(2015年10月)
  12. 木村駿太、木村靖子、加藤浩、新井真由美、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「陸棲ラン藻 Nostoc sp. HK-01 の閉鎖生態系における有用性」、『日本地球惑星科連合2015年大会』、H-CG36-01、千葉(2015年5月)
  13. 加藤浩、木村駿太、横島美香、古川純、富田-横谷香織、「陸生ラン藻の有効利用」、『日本地球惑星科連合2015年大会』、H-CG36-03、千葉(2015年5月)
  14. 木村靖子、木村駿太、加藤浩、新井真由美、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「閉鎖生態系における陸棲ラン藻 Nostoc sp. HK-01の食資源としての栄養的有用性の評価」、『日本地球惑星科連合2015年大会』、H-CG36-04、千葉(2015年5月)
国内学会 ポスター発表(2015年度以降)
  1. 富田-横谷香織、木村駿太、井上琴美、加藤浩、安部智子、園池公毅、大森正之、「陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 乾燥藻体の宇宙環境耐性」、『第17回 宇宙科学シンポジウム』、P-113、神奈川 (2017年1月)
  2. 木村駿太、井上琴美、加藤浩、市川創作、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「宇宙利用が期待される陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01の休眠細胞の乾熱耐性」、『第62回日本宇宙航空環境医学会大会 日本宇宙生物科学会第30回大会 合同大会』、PB-10、愛知(2016年10月)
  3. 井上琴美、木村駿太、新井真由美、加藤浩、佐藤誠吾、富田‐横谷香織、「火星環境を想定した陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の生育と物質循環」、『第62回日本宇宙航空環境医学会大会 日本宇宙生物科学会第30回大会 合同大会』、PB-3、愛知(2016年10月)
  4. 木村駿太、井上琴美、猪坂純平、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の休眠細胞の乾熱 (DryHeat) 耐性」、『日本植物学会第 80 回大会』、P-0626、沖縄(2016年9月)
  5. 阿部友亮、加藤珠理、松本麻子、富田-横谷香織、「サクラ属樹木の品種樹別とアレロパシー活性」、『日本植物学会 第80回大会』、P-0615、沖縄(2016年9月)
  6. 加藤木ひとみ、藤森祥平、横島美香、市川創作、富田-横谷香織、「ネジバナの生長と菌根菌量の動態」、『日本植物学会 第80回大会』、P-1604、沖縄(2016年9月)
  7. 木村駿太、加藤浩、市川創作、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の乾熱耐性を司る鍵物質」、『2016生態工学会年次大会』、P13、宮崎(2016年6月)
  8. 生態工学会 若手の会(木村駿太)、「閉鎖生態系モデルの作出に向けた取り組み」、『2016生態工学会年次大会』、P06、宮崎(2016年6月)
  9. 井上琴美、木村駿太、新井真由美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「火星環境を想定した貧栄養培地における陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の生育」、『2016生態工学会年次大会』、P12、宮崎(2016年6月)
  10. 井上琴美、木村駿太、猪坂純平、新井真由美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「火星環境を想定した陸棲藍藻Nostoc sp. HK-01の生育」、『日本地球惑星科連合2016年大会』、HCG28-P02、幕張、千葉(2016年5月)
  11. 木村靖子、木村駿太、加藤浩、新井真由美、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「閉鎖生態系における陸棲ラン藻Nostoc sp. HK-01の食品としての機能評価」、『日本地球惑星科連合2016年大会』、HCG28-P04、幕張、千葉(2016年5月)
  12. 安部智子、飯室瑠里香、木村駿太、加藤浩、木村靖子、富田-横谷香織、「陸棲シアノバクテリアの乾燥耐性に関与する遺伝子産物の探索」、『日本地球惑星科連合2016年大会』、HCG28-P03、幕張、千葉(2016年5月)
  13. 富田-横谷香織、木村駿太、木村靖子、井上琴美、味岡令子、佐藤誠吾、加藤浩、安部智子、園池公毅、大森正之、たんぽぽWG、「陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 乾燥藻体の高宇宙環境耐性」、『第16回宇宙科学シンポジウム』、P-042、相模原(2016年1月)
  14. 富田-横谷香織、阿部友亮、木村駿太、佐藤誠吾、馬場啓一、加藤浩、鈴木利貞、片山健至、CosmoBon、「宇宙実験樹木(CosmoBon)を用いた他生物との関係を含む宇宙船内の環境改善評価」、『第16回宇宙科学シンポジウム』、P-158、相模原(2016年1月)
  15. 加藤木ひとみ、藤森祥平、横島美香、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「ネジバナ内生菌量と生長制御物質の動態」、『植物化学調節学会第50回記念大会』、P30、東京(2015年10月)
  16. 木村駿太、井上琴美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「陸棲藍藻Nostoc sp. HK-01の熱耐性」、『日本微生物生態学会第30回大会』、PF-084、茨城(2015年10月)
  17. 富田-横谷香織、加藤木ひとみ、藤森祥平、佐藤誠吾、「共生菌(糸状菌)の細胞壁成分を指標とした定量」、『日本微生物生態学会第30回大会』、PJ-182、茨城(2015年10月)
  18. 木村駿太、井上琴美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「陸棲藍藻Nostoc sp. HK-01の休眠細胞の機能性物質」、『日本宇宙生物科学会第29回大会』、P7-6、東京(2015年9月)
  19. 木村靖子、木村駿太、新井真由美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「宇宙環境における陸棲藍藻Nostoc sp. HK-01の食資源利用の評価」、『日本宇宙生物科学会第29回大会』、P7-5、東京(2015年9月)
  20. 井上琴美、木村駿太、新井真由美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「過酷環境を想定した貧栄養培地における陸棲藍藻Nostoc sp. HK-01の発芽と生育」、『日本宇宙生物科学会第29回大会』、P3-4、東京(2015年9月)
  21. 加藤木ひとみ、藤森祥平、横島美香、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「ネジバナ(Spiranthes.sinensis. var. amoena) の内生菌の存在量」、『日本植物学会第79回大会』、P201、新潟(2015年9月)
  22. 木村駿太、井上琴美、加藤浩、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「陸棲藍藻 Nostoc sp. HK-01 の休眠細胞の熱耐性」、『2015生態工学会年次大会』、P21、神奈川(2015年6月)
  23. 加藤木ひとみ、藤森祥平、横島美香、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「細胞壁構築成分を指標としたネジバナ(Spiranthes sinensis(Persoon) Ames. var. amoena (M. Bieberstein) Hara) 菌根菌の存在量」、『2015生態工学会年次大会』、P22、神奈川(2015年6月)
  24. 富田-横谷香織、阿部友亮、木村駿太、松本麻子、加藤浩、馬場啓一、鈴木利貞、片山健至、樹木研究チーム、「宇宙環境における樹木導入」、『2015生態工学会年次大会』、P23、神奈川(2015年6月)
  25. 井上琴美、木村駿太、味岡令子、富田-横谷香織、佐藤誠吾、加藤浩、吉田聡、横堀伸一、山岸明彦、たんぽぽWG、「陸棲藍藻Nostoc sp. HK-01の重粒子線耐性」、『2015生態工学会年次大会』、P24、神奈川(2015年6月)
  26. 阿部友亮、木村駿太、松本麻子、加藤珠理、吉丸博志、馬場啓一、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「筑波大学のサクラ」、『日本櫻学会第10回大会』、発表番号6番、富山(2015年6月)
  27. 安部智子、飯室瑠理香、木村駿太、加藤浩、木村靖子、富田-横谷香織、「陸棲ラン藻の乾燥耐性に関与するタンパク質の解析」、『日本地球惑星科連合2015年大会』、H-CG36-P02、千葉(2015年5月)
  28. 阿部友亮、木村駿太、佐藤誠吾、馬場啓一、加藤浩、鈴木利貞、片山健至、松本麻子、富田-横谷香織、樹木RT、「閉鎖生態系内で利用できる樹木株の作出準備」、『日本地球惑星科学連合2015年大会』、H-CG36-P03、千葉(2015年5月)
  29. 加藤木ひとみ、藤森祥平、横島美香、佐藤誠吾、富田-横谷香織、「糸状菌細胞壁構築成分量とエンドファイトの存在量」、『日本地球惑星科連合2015年大会』、H-CG36-P04、千葉(2015年5月)